クレジットカードをコンビニで使う!その時初めて知ったポイントはコレだった!

高級感溢れる料亭やレストランの会計時に

「カードで」

なんて言う人はめちゃめちゃ格好いいスーツ姿のダンディなおじさま。

正直、クレジットカードって『高級感がある、または高額なもの』の支払いに使うイメージがありますよね。

でも…実はクレジットカードって、コンビニで使ってこそ真価を発揮するって知ってました?

今回は『え~コンビニ~?』なんて思っていた私自身が、初めてコンビニでクレカを使ってみた結果から、どんな魅力に気づけたかまでを紹介していきたいと思います。

コンビニでのクレジットカード払いは良いことだらけ?

『コンビニでクレジット払いとか、恥ずかしくないの?』

コレ、たぶん誰もが思ったことだと思います。
かく言う私もそうでしたし…。
でもね、ぶっちゃけ使い慣れてくると結構気軽に使っていくことはですし、何よりも魅力的なポイントが浮き出てくるんですよね。

というわけでまずは、コンビニでのクレカ払いの魅力を簡単に紹介しちゃいます!

各ポイントがガンガン貯まる

まずはこれですね。
コンビニで会計するときに必ず言われる、「ポイントカードはお持ちですか?」という問いかけ。

各コンビニからの購入で付与されるポイントは、意外とどこでも使うことが出来るものばかり。

しかも、金券に交換したり次回以降の支払い時にポイント分を割り引いてもらったりと、使える用途も様々あります。

現金払いだとこのポイントは専用のポイントカードを使わなければいけませんが、ポイントカード機能搭載のクレカを使えば、ポイントをためつつ支払いもめちゃめちゃスムーズに行うことが出来ますよ。

・ポイントがガンガン貯まる
・支払いもスムーズでさっと買える

これはコンビニでクレカ払いをする最大のメリットです。

無駄遣いががっつり分かってしまう

そして、意外に見落としがちなのがコレ。
実はコンビニって、意外と『余計なものを買ってしまいがち』な場所なんですよね。

例えば、飲み物を購入しようと立ち寄ったら、おいしそ~なお菓子やアイスにも目移りしてついつい購入してしまいますよね。

クレカ払いだと、そんな無駄遣いした瞬間を見逃したりはしません。

早い話『現金払いだと見落としがちな無駄遣いがはっきりとわかる』ってこと。

そのため、節約のために何を減らすかをしっかりと見直すことが出来ます。

少額の支払いが結構恥ずかしい?実はそうでもないんです!

そんな魅力が結構あるのにも関わらず、コンビニでクレジット払いが嫌がる人に多いのが…恥ずかしい気持ちが大きいところだと思います。

でもこれって日本の風潮が悪いところなんですよね…。

実は外国に目を向けると、ほとんどの先進国がキャッシュレス決済の普及率・利用率が高くなっています。

要は『外国はクレカをガンガン使う人が多い』ってワケ。

日本はキャッシュレス決済の普及率・利用率が軒並み低いから、どうしても恥ずかしいって思うことが多くなってしまう“だけ”なんですよね。

だから、
「私は最先端の支払い方法をしているだけ」
「周りの人たち、遅れてるな…」

なんて思いながらクレカ払いをすれば、周囲や店員さんの目も気にならないと思いますよ。

クレジットカードをコンビニで使って分かったことと

さてここからはもうちょっと具体的に、クレジットカードをコンビニで実際に使ってみてわかったことを、皆さんと共有していきたいと思います。

ちょっと気になっている人は、是非参考にしていってくださいね。

基本的に支払いは1回払い

最初に覚えておいてほしいのが、クレジットカードをコンビニで使った“後”の支払い方法。

これは基本的に『1回払い』のみです。
当然っちゃ当然ですが、少額利用の場合が多いのに、『リボ払い』をする人ってあまりいないとは思いますが、たばこのまとめ買いをする際や、高額利用をする際にはちょっと注意するようにしましょう。

明細書には買った内容までしっかり書かれる?

次に注目してほしいのが、1ヵ月ごとに送られてくる『利用明細』。

いつ・どこで・どれくらいまでは把握することはできますが、何を購入したかまでは流石に記載されていないです。

そのため、家計簿をつける場合には、レシートが必要となりますので保管しておくようにしましょう。

支払えるものと支払えないものがあった!

また、コンビニ決済といっても万能ではありません。

下のリストに書かれている物は、コンビニでのクレジット払いが出来ないものとなっているので注意しましょう。

【コンビニでのクレカ払い不可リスト】

・水道光熱費等の公共料金
・収納代行表を使って支払い手続きをするもの
・切手・はがき・年賀状・収入印紙類
・iTunesカードなどのプリペイドカード
・バスカード・乗車券など
・ギフトカードやビール券などの金券
・各自治体指定のごみ袋
・マネーチャージ
・宅急便の送料
・コビーやFAXの利用料金

早い話、『換金性が高いモノ』や『公共料金・郵便物など』の支払いはできないって覚えておけば大丈夫ですよ。

まとめ

『コレ、カードで』
一度は言ってみたい言葉ランキングの上位に食い込んできそうなこの言葉。
クレジットカードの支払いってどうしても、高級な商品や食事に使うことが多いイメージが強いですが、実はハードルがどんどん下がってきています。

むしろ、コンビニでのクレカ払いの方がうまみはたっぷりなことが多いです。

機会があれば、是非一度コンビニでこの言葉を使って、クレジットカード払いしてみてはいかがでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です