公共料金はクレジットカード決済が一番お得だった!

「あなたの家計で、毎月支払うものは何ですか?」

街頭アンケートでこんな質問をされると、ほとんどの人が『公共料金(固定費)』と答えるのではないでしょうか。

水道光熱費や電話料金といった、公共料金は生活の基盤を整えるために必要不可欠な費用です。

けど…どうせならその料金、クレジットカードで支払いませんか?

実は公共料金をクレジットカード払いにすることで、毎月発生する固定費をかなりお得に支払っていくことが出来るんですよ!

公共料金をクレジットカードで支払うメリット

一般的に公共料金に当たるものは、

・電気代
・ガス代
・水道代
・固定電話使用料
・携帯電話使用料
・プロバイダー使用料 など

このように『固定費』が基本的です。
そんな公共料金をクレカで支払うとすると、どのようなメリットがあるのでしょうか。まずは簡単にクレカ払いのメリットを考えていきましょう。

ポイントがめちゃめちゃ貯まる!

まあ、まず一番にイメージするのがコレだと思います。
私たちの生活になくてはならない電気代などの公共料金は、毎月発生する金額です。

しかも、その金額って結構大きなものが多いですよね。

そのため、クレカ払いにすると年間でかなりのポイントをためることが出来るってワケです。

貯めたポイントは、ショッピングの支払い時の割引利用に使ったり、魅力的な商品と交換したりと使い道は様々あるので、公共料金をかなりお得にすることが出来ます。

公共料金の管理が一括管理できる

次に注目してほしいのが、『一括管理』がしやすくなる点。

公共料金って人や場所、会社ごとに支払い方法や支払期間などが違うため、どうしても支払管理が難しくなります。

その点、公共料金だけのクレカを作っておくことで、どの時期・どんな料金・どれくらいの価格かを把握することが出来るので、余計な手間がかかりません。

切り替え方法は超簡単!

しかも、切替え方法もネットで簡単に申し込み出来るので、次の支払いからすぐにでもクレジット払いにすることが出来ます。

そのため、だれでも簡単に公共料金を支払いつつ、ポイントをガンガン貯めることが出来るってワケです。

 【超重要!】公共料金をクレカ払いにする際の注意点をまとめてみた

ただし!そんな魅力たっぷりなクレカ払いにも、いくつか注意点があります。

そこでここからは、公共料金をクレカ払いにする際に注意してほしいポイントを、まとめてみました!

『これから公共料金のクレカ払いを始めたい!』

そう思っているなら、是非とも覚えておくようにしましょう。

クレカの有効期限・限度額には十分注意!

まず最初に注意してほしいのが、クレジットカードの有効期限や限度額です。

クレジットカードの有効期限が切れる更新時期に来ると、今まで使っていたクレカが利用不可能となるため、カード情報の更新も随時行う必要があります。

ただ、こちらもネットやコールセンターへの連絡で、気軽に起こっていくことが出来るので、更新タイミングが来たらすぐに行動を起こしていきましょう。

引っ越しの際にはきちんと解約連絡を

また、引っ越しをする際には契約をしている電力会社やガス会社等への連絡は忘れずに行ってください。

特にクレカ払いの場合は、解約手続きを忘れてしないまま放置していると、不要な支払いが発生して『なんじゃこりゃ!』ってなりやすいです。

そうならないためにも、引っ越し時にはきちんと連絡をするようにしてくださいね。

コンビニでの支払いはほぼ不可能と考えておきましょう

そしてもう一つ覚えておいてほしいのが、コンビニでの決済が実質不可能ということです。

クレカ払いにしているなら気にしなくても大丈夫ですが、クレカの更新月と被って支払いが起きたときにコンビニ決済可能の支払書が送付されます。

そういったものの支払は、基本的にコンビニだとキャッシュ(現金)払い限定となってしまうので、充分に注意しておきましょう。

普段使いのクレカは別に用意しておくこと

最後に一つ言わせてもらうとすれば、公共料金は公共料金用のクレカを別途用意することがオススメです。

これは先ほど言った『利用限度額』が関係しているのですが、利用限度額が低いと公共料金の支払で利用限度額がパンパンになり、ショッピング利用が出来なくなることが考えられます。

だからこそ、そんな心配をしなくてもいいように、公共料金用のクレカとして発行しておくことがおすすめってワケです。

そうすることで、管理もしやすくなりますよ。

【何が良い】公共料金の支払いをするクレカを探そう!

さて…ここまでで、公共料金をクレカ払いにするメリット・注意点を紹介していきましたが、ここからはもうちょっと具体的。
公共料金の支払いにオススメなクレジットカードの選び方と、オススメカードを紹介していきましょう。

決め手となるのはズバリ『還元率』!

まずはっきりといっておきます!
『公共料金支払いのクレカを選ぶときに見ておきたいのは、“還元率”ただ一つです』。

正直、還元率の差がリアルな金額差が生まれます。

ポイント還元率が低いと、その分ポイントは貯まりにくくなりますし、逆に還元率が高いとガンガンポイントを貯めることが出来てウハウハ。

どっちがいいかはあなた次第だとは思いますが、どうせなら高い還元率のクレカを選んでいくようにしましょう。

還元率が良いクレカをまとめてみた

そこでここからは『公共料金払い』にオススメな還元率高めのクレジットカードをいくつか紹介していきたいと思います。

気になったものがあれば是非利用を検討してみてくださいね。

名前

還元率

Orico Card THE POINT 1.00%~2.00%
楽天カード 1.00%~3.00%
Yahoo!Japanカード 1.00%~3.00%
JCBカードW 1.00%~2.50%
リクルートカード 1.20%~3.20%
REXカード 1.25%~1.50%
dカード 1.00%~4.00%

まとめ

公共料金の支出を一括管理できる。
支払金額に応じてポイントがガンガン貯まる。

公共料金のクレジットカード払いには、様々な魅力がたくさんあります。

毎月一定額の支払金額が発生するからこそ、公共料金の支払いは『お得』に特化したクレジットカードを使っていくことがおすすめです。

クレジットカード払いでガンガンポイントを貯めて、溜まったポイントはお得に交換する。

コレが新しい公共料金の形だと思います。

是非一度、その魅力を実感してみてはいかがでしょうか。

クレジットカードをデパートで使うなら?オススメのクレカを探そう!

食料品をはじめ、衣料品やキッチン用品、フードコーナーなどなど…

様々な目的に応じて人々の生活の土台となっている「デパート」

そんなデパートでのお買い物をさらに『お得感』で満たすなら、クレジットカードの利用はもはや鉄板。

そこで今回は、デパートで利用するクレジットカードを、どんな目線で選べばいいか、またどんなクレジットカードがおすすめかについて、色々とお話していきたいと思います。

【見分ける目を養う】クレジットカードの選び方講座

早速ですが、まずはクレジットカードを、どんな目線で選べばいいかを紹介していきます。

といっても…正直コレを読んでいるアナタにとって、結構当たり前のことかもしれないので、もし知っていたらおさらいのつもりでさらっと確認しちゃってください。

ポイントその1 使いやすい環境かどうか見ておくべし

第一に考えてほしいのが、『どこのデパートでの利用が多いか』を考えることです。

アナタもよくご存知の通り、デパートといってもその店舗は様々。

・西武
・三越伊勢丹
・高島屋
・そごう
・ルミネ
・PARCO
・LOFT
・イオン
・イトーヨーカドー などなど…

全国各地にいろいろな企業がデパートを展開していますよね。

その中で、アナタが一番利用頻度が高い場所のクレジットカードを、まずは選んでいくようにしましょう。

ポイントその2 還元率に目を光らせるべし

次に注目してほしいのが、ズバリ『還元率』です。

実は一般的なクレジットカードの還元率が0.5%の時代から移り変わり、1.0%~の高還元なクレジットカードが増えてきています。

中には利用するデパートの場所によっては還元率が、8%まで高くなるクレカもあるんです。

還元率が高ければ高いほど、ポイントがためやすくなっているので、お得感をより強く感じるためにも、見ておいて損はないと思いますよ。

ポイントその3 貯めたポイントが何に使えるかを見ておくべし

またポイント還元率を見ておくなら、『貯めたポイント』をどのように使えるかも把握しておくべきです。

意外に知られていないことですが、各クレジットカードの専用サイトに行くと『ポイント交換』のリストを見ることが出来ます。

よく使うのであればポイントをガンガン貯めることが出来るので、何に交換できるかを見ておくのもポイントの一つになるでしょう。

ちなみに交換できるものは大きく分けて
・家電等の電化製品
・金券
・提携ポイント(マイルやnanacoポイントなど)

この3つが基本的にあげられますよ。

オマケ カード1枚で事足りることなんてありません!複数所持が基本です

そして、最後にオマケとして言っておきますが、デパートで使うクレジットカードは基本的に、『複数所持』が基本です。

各デパートで一番還元率が高いクレカを利用することで、よりお得に支払いを済ませることが出来ます。

そのため『クレカは2枚以上持つこと』は頭の隅っこにおいておくようにしましょう。

大手百貨店・デパートでの利用が多い人にオススメのクレカはコレだ!

さて、ココからはもうちょっと具体的に、様々なシチュエーションでのオススメなクレジットカードをいくつか紹介していきたいと思います。

まずは大手百貨店・デパートの利用が一番多い人にオススメの、クレジットカードをいくつか紹介していきましょう。

各カードに魅力的なポイントがあるので、是非とも参考にしていってくださいね。

エポスカード

『マルイ(OIOI)の利用が一番多い!』

そんな人におすすめなのが、年会費永年無料の“エポスカード”です。

とにかく入会時の特典が充実していて、

・マルイで使える2,000分の商品券プレゼント
・入会後1ヵ月間のマルイでのショッピングが10%OFF
などといった特典を受けることが出来ます。

また、優待期間中に利用すると10%OFFで購入できるなどといった、『マルイをよく利用する人が喜ぶ』特徴がてんこ盛り。

ポイント交換できる商品もかなり充実しているのでおすすめです

【エポスカード概要】

オススメポイント ・年会費永年無料
・提携飲食店等でポイントが貯まる・使える
・専用サイト経由のネットショッピングでポイント最大30倍
・海外旅行保険自動付帯
国際ブランド VISA
ポイント付与基準 1,000円につき1ポイント
ポイント有効期限 2年間
会員専用サイト エポスNet(ポイント交換もこちらで可能です)
ポイント交換商品 マイル・商品券・プリペイドカードへのチャージ 他

PARCOカード

『PARCO(パルコ)の利用が一番多い!』

そんな人におすすめなのが、入会金&年会費無料の『PARCOカード』です。

パルコカードもほかのクレジットカードと同様に、入会後1ヵ月の間のショッピングが5%OFFになるだけではなく、オンラインショッピングモールでの買い物で利用するだけで5%OFFになるといった特典が充実しています。

しかもポイントは永久不滅でなくなる心配もなし。

自分のペースで、好きなだけポイントをため続けることが出来るのが、魅力の一つになりますよ。

【PARCOカード概要】

オススメポイント ・年会費永年無料
・優待企画でショッピングが5%OFF
・ポイント消滅の心配0
・30,000円以内の買い物はサインレス
国際ブランド VISA/Mastercard/JCB/American Expres
※American Expresの1部に年会費がかかります
ポイント付与基準 1,000円につき1ポイント
ポイント有効期限 永久不滅ポイント
会員専用サイト Netアンサー
(ポイント交換は『永久不滅.com』で可能)
ポイント交換 家電・金券・提携ポイント 他

MICARD

『三越伊勢丹や丸井今井・岩田屋などの利用が一番多い!』

そんな人におすすめなのが、『MICARD(エムアイカード)』です。

エムアイカードは年会費初回無料で翌年度から2,000円(税別)が基本となっていますが、利用が1度でもあれば無料となるので、そこまで心配をする必要はありません。

また、基本還元率は5%とかなり高く、前年度の利用合計金額によっては次年度のポイント付与率が8~10%に跳ね上がるといった魅力も備わっています。

さらに三越・伊勢丹で発行手続きをすると、最短即時発行で申し込み日にカードを受け取ることが出来るんですよ。

すぐに発行出来てガンガン使える。
そんなMICARDは、三越伊勢丹利用者には欠かせない1枚になると思いますよ。

【MICARD概要】

オススメポイント ・年会費実質無料
・三越伊勢丹グループでの買い物で最大10%のポイント付与
・公式ネットショッピングサイト経由でポイント最大30倍
・一休.comの利用でいつでもポイント5倍
国際ブランド VISA/American Expres
ポイント付与基準 0.5%(200円で1ポイント付与)
ポイント有効期限 1年間
会員専用サイト 公式サイトからログイン可能です
ポイント交換 マイル・金券(エムアイポイント券)

各鉄道沿線の百貨店をよく利用するならこのクレジットカードがおすすめ

次に紹介するのは、各鉄道沿線での利用も可能なクレジットカード。

デパートでの利用だけではなく、各鉄道沿線での利用に特化しているので、持っておいて損はありませんよ。

TOKYU CARD

『東急系列のお店での利用が一番多い!』

そんな人におすすめなのが『TOKYU CARD』です。

このカードの特徴は、なんといっても電子マネー“PASMO”の利用も可能な点があげられます。

早い話が改札を抜けるときに、これ一枚あれば問題がないというわけです。

還元率が利用金額によって変動するのも特徴の1つで、だいたい3%~10%までと幅広く設定しています。

また、この還元率が7%を超えると駐車料金が最大5時間無料になるのも魅力的なポイント。

東急沿線に住んでいる方ほど、持っておいて損はしませんよ。

【TOKYU CARD概要】

オススメポイント ・PASMO一体型で東急線がお得に使える
・PASMOオートチャージでポイント1%付与
・東急系列のお店で3%~10%の還元率
・東急ホテルズ宿泊料金が最大半額
国際ブランド VISA/Mastercard
ポイント付与基準 200円ごとに1ポイント付与
(利用金額に応じて3%~10%の変動あり)
ポイント有効期限 3年
会員専用サイト TOKYU POINT Webサービス(ポイント交換も可能)
ポイント交換 PASMO・加盟店の支払い割引・マイル

OPカード

『小田急沿線を利用して西武の利用が一番多い!』

そんな人におすすめなのが、OPカードです。

コチラもPASMO一体型のクレジットカードの発行が可能となっており、オートチャージをすることでもポイントを効率よく貯めることが出来ます。

また、小田急百貨店でのご利用の際には、ポイントを10%も還元してくれるのも魅力の1つ。

効率よく貯めて、色々な使い方が出来るので、小田急沿線のご利用が多い方にオススメの1枚となります。

【OPカード概要】

オススメポイント ・PASMO一体型で小田急沿線がお得に使える
・小田急沿線の月間対象運賃総額に対して最大7%の還元率
・小田急百貨店のお店で5%の還元率
・優待割引料金で提携グループの施設を利用可能
国際ブランド VISA/Mastercard/JCB
ポイント付与基準 200円ごとに1ポイント付与
(利用金額に応じて3%~10%の変動あり)
ポイント有効期限 1年
会員専用サイト MyJCB
(ポイント明細:OPカードWEBサービス)
ポイント交換 食品・アイテム・旅行プラン など

まとめ

デパートでの利用が何かと多い人の必需品。

そういっても過言ではないのが、各百貨店やデパートで発行できるクレジットカードです。

ポイントをガンガン貯めることが出来ますし、貯めたポイントを次のお買い物の際に使えたり、様々な商品と交換出来たりと『お得度』がさらに高まったお買い物がしやすくなっています。

普段のお買い物をよりお得に楽しくしていくためにも、クレジットカードの利用を考えてみてはいかがでしょうか。

クレジットカードをコンビニで使う!その時初めて知ったポイントはコレだった!

高級感溢れる料亭やレストランの会計時に

「カードで」

なんて言う人はめちゃめちゃ格好いいスーツ姿のダンディなおじさま。

正直、クレジットカードって『高級感がある、または高額なもの』の支払いに使うイメージがありますよね。

でも…実はクレジットカードって、コンビニで使ってこそ真価を発揮するって知ってました?

今回は『え~コンビニ~?』なんて思っていた私自身が、初めてコンビニでクレカを使ってみた結果から、どんな魅力に気づけたかまでを紹介していきたいと思います。

コンビニでのクレジットカード払いは良いことだらけ?

『コンビニでクレジット払いとか、恥ずかしくないの?』

コレ、たぶん誰もが思ったことだと思います。
かく言う私もそうでしたし…。
でもね、ぶっちゃけ使い慣れてくると結構気軽に使っていくことはですし、何よりも魅力的なポイントが浮き出てくるんですよね。

というわけでまずは、コンビニでのクレカ払いの魅力を簡単に紹介しちゃいます!

各ポイントがガンガン貯まる

まずはこれですね。
コンビニで会計するときに必ず言われる、「ポイントカードはお持ちですか?」という問いかけ。

各コンビニからの購入で付与されるポイントは、意外とどこでも使うことが出来るものばかり。

しかも、金券に交換したり次回以降の支払い時にポイント分を割り引いてもらったりと、使える用途も様々あります。

現金払いだとこのポイントは専用のポイントカードを使わなければいけませんが、ポイントカード機能搭載のクレカを使えば、ポイントをためつつ支払いもめちゃめちゃスムーズに行うことが出来ますよ。

・ポイントがガンガン貯まる
・支払いもスムーズでさっと買える

これはコンビニでクレカ払いをする最大のメリットです。

無駄遣いががっつり分かってしまう

そして、意外に見落としがちなのがコレ。
実はコンビニって、意外と『余計なものを買ってしまいがち』な場所なんですよね。

例えば、飲み物を購入しようと立ち寄ったら、おいしそ~なお菓子やアイスにも目移りしてついつい購入してしまいますよね。

クレカ払いだと、そんな無駄遣いした瞬間を見逃したりはしません。

早い話『現金払いだと見落としがちな無駄遣いがはっきりとわかる』ってこと。

そのため、節約のために何を減らすかをしっかりと見直すことが出来ます。

少額の支払いが結構恥ずかしい?実はそうでもないんです!

そんな魅力が結構あるのにも関わらず、コンビニでクレジット払いが嫌がる人に多いのが…恥ずかしい気持ちが大きいところだと思います。

でもこれって日本の風潮が悪いところなんですよね…。

実は外国に目を向けると、ほとんどの先進国がキャッシュレス決済の普及率・利用率が高くなっています。

要は『外国はクレカをガンガン使う人が多い』ってワケ。

日本はキャッシュレス決済の普及率・利用率が軒並み低いから、どうしても恥ずかしいって思うことが多くなってしまう“だけ”なんですよね。

だから、
「私は最先端の支払い方法をしているだけ」
「周りの人たち、遅れてるな…」

なんて思いながらクレカ払いをすれば、周囲や店員さんの目も気にならないと思いますよ。

クレジットカードをコンビニで使って分かったことと

さてここからはもうちょっと具体的に、クレジットカードをコンビニで実際に使ってみてわかったことを、皆さんと共有していきたいと思います。

ちょっと気になっている人は、是非参考にしていってくださいね。

基本的に支払いは1回払い

最初に覚えておいてほしいのが、クレジットカードをコンビニで使った“後”の支払い方法。

これは基本的に『1回払い』のみです。
当然っちゃ当然ですが、少額利用の場合が多いのに、『リボ払い』をする人ってあまりいないとは思いますが、たばこのまとめ買いをする際や、高額利用をする際にはちょっと注意するようにしましょう。

明細書には買った内容までしっかり書かれる?

次に注目してほしいのが、1ヵ月ごとに送られてくる『利用明細』。

いつ・どこで・どれくらいまでは把握することはできますが、何を購入したかまでは流石に記載されていないです。

そのため、家計簿をつける場合には、レシートが必要となりますので保管しておくようにしましょう。

支払えるものと支払えないものがあった!

また、コンビニ決済といっても万能ではありません。

下のリストに書かれている物は、コンビニでのクレジット払いが出来ないものとなっているので注意しましょう。

【コンビニでのクレカ払い不可リスト】

・水道光熱費等の公共料金
・収納代行表を使って支払い手続きをするもの
・切手・はがき・年賀状・収入印紙類
・iTunesカードなどのプリペイドカード
・バスカード・乗車券など
・ギフトカードやビール券などの金券
・各自治体指定のごみ袋
・マネーチャージ
・宅急便の送料
・コビーやFAXの利用料金

早い話、『換金性が高いモノ』や『公共料金・郵便物など』の支払いはできないって覚えておけば大丈夫ですよ。

まとめ

『コレ、カードで』
一度は言ってみたい言葉ランキングの上位に食い込んできそうなこの言葉。
クレジットカードの支払いってどうしても、高級な商品や食事に使うことが多いイメージが強いですが、実はハードルがどんどん下がってきています。

むしろ、コンビニでのクレカ払いの方がうまみはたっぷりなことが多いです。

機会があれば、是非一度コンビニでこの言葉を使って、クレジットカード払いしてみてはいかがでしょうか。